シワは自己解決よりも美容外科の治療が一番の近道です

美容外科を選ぶときチェックすべきこと

クリニックで改善

化粧品で改善できない時はクリニックの治療を

年齢を重ねるに従って、どうしても気になって来るのが目じりのシワやたるみです。アンチエイジング化粧品である程度はカバーできますが、それでも改善できない場合は、美容外科でシワやたるみの治療をしてもらうのも一つの方法です。 治療は、コラーゲンやヒアルロン酸といった有効成分を、直接注射する方法がメインですが、塗り薬や内服薬を使う方法もあります。この注射で気を付けておきたいのは、効果があるぶん、刺激が出たり、あるいは赤みが出てしまうという可能性もあることです。また、保健が適用されませんので、クリニックによって料金に違いがあります。自分の予算に見合ったクリニックにするか、多少投資をしてでも、そこそこのレベルのクリニックを選ぶか決めておくといいでしょう。

様々なクリニックでの治療方法と普段の心がけ

また、注射だけでなく、レーザーを使う方法もあります。レーザーによるシワやたるみの治療は、やや刺激が強いけど短期間で済む方法と、長期間になるが刺激の少ない方法の二通りがあります。レーザー以外にも、ラジオ波を使って治療する方法もあります。それ以外には、外科治療もあります。いわゆるフェイスリフトと呼ばれるもので、それなりに費用がかかりますが、化粧品や注射、その他の薬で効果が無かった場合には、一度試してみる価値はありそうです。 また、普段の生活でシワやたるみを防ぐ方法はあります。たとえば、いつ下を向いていると、ほうれい線やたるみが出やすくなります。他にも、紫外線対策をきちんとする、あるいは、シャンプーの時に、頭皮を下から上へとマッサージするように洗うことで、お肌の加齢を遅らせることができます。

Copyright© 2015 シワは自己解決よりも美容外科の治療が一番の近道ですAll Rights Reserved.